犬のしつけ初心者!初めて犬と暮らす時はどうすればいい?

未分類

私は子供の頃、怪我をした野良猫や明らかに一人ぼっちの野良猫を拾ってきては、親に頼み込んでペットとして飼ってきました。ずっと犬も大好きな猫派だったのですが、中学生の頃に迷い犬を預かってから家族全員で犬の虜になってしまったんですよね。

それからその子が元の飼い主の元へ帰ってから、自分たちの犬を飼い始めることにしました。

犬の世話に疲れ果てた最初の半年間

犬って猫と違ってすっっごく元気なんですよね。特に赤ちゃんの頃は本当に元気いっぱいで、動き回って目が離せないし、そこらへんに粗相してしまうし、物は壊すし、手は噛まれて傷だらけだし。でもとっても可愛いんです。最初の半年くらいは全然いうことを聞かないことの方が多いので、犬を飼ったことがない人が犬の世話に疲れたり、飼ったことを後悔するのは仕方ない…とは言えないけれど、気持ちはわかります。

犬の飼い始めは犬も人間もストレスたまるもの

考えてみてください。犬だって生まれて2ヶ月くらいでお母さんの元から離され、ペットショップの狭いガラス張りの部屋で一日中人にジロジロ見られ、飼い主が決まればまた環境がいきなり変わるんです。ストレスだってたまるし、今までの有り余るパワーを発散したくなるものだと思いませんか?

そして犬を飼ったことがない人はそれに疲れても当たり前ですよね。きちんとしつけをして、一年もすればちゃんと大人しくなります。

そうやって考えながら、最初の半年間は私も傷だらけになりながら乗り越えましたよ。噛まれてできた顔の傷は跡が残ってしまったけれど、今ではそれもとてもいい思い出です!だってかわいくて仕方ないんですよね。自分の命より大切な存在です。

犬を飼うのは本当に大変なことです。そして犬は物じゃなくて生きている命だから、犬を飼う時は結婚を決めるくらい覚悟を持って家族になる意識を持つことが大切だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました