犬に洋服は必要?実はただのファッションだけではない理由

未分類

犬って人間より体温が高いんですよね。暑がりの犬だと、夏場は涼しい室内でもちょっとしたことですぐハァハァゼェゼェしているので温度管理が欠かせないです。冬でもお散歩して歩くと息をかなり切らすので最初は大丈夫かな…?具合悪くないよね?!と心配してしまったことを覚えています。

犬に服を着せるのはかわいそう?本当にそうかな

犬を飼う前、はるか15年ほど前までは、あまり犬に洋服を着せている人はいなかったような気がします。その代わり芸能人が自分の飼っているペットに必要以上に豪華なおしゃれをさせ、いかにもペットをおもちゃにしている!かのような見せ方でテレビに出ていたような。

それを見た時は「犬に服を着せるなんて、毛皮で覆われているのにバカみた〜い!」なんて思ってました。

そのあと自分達で犬を飼うようになってからは、犬って案外寒がりなんだなということを知って(しかも飼っていたのは長毛種)、寒くて震える姿がかわいそうなので洋服を着せるようになりました。

犬はもう自分の子供・きょうだい・家族同然の存在なので、どうせ洋服を着せるなら可愛いものを着せたいので、今では犬の洋服の方が自分の洋服よりもこだわっています。笑

昔は可愛い洋服なんてほとんど見かけなかったけど、今は犬の洋服も人間の子供服みたいに色々な種類と柄と素材がありますよね!価格も結構高いけど、着せると本当に可愛いし犬も喜ぶのでついつい買ってしまいます。

そういえば雪やこんこんの歌で雪降ると犬は喜んで庭駆け回るっていうけど、うちの犬は本当に寒いのが嫌いな暑がりの寒がりで、冬はコタツで寝ていたなぁ。

犬の夏服は必要?夏でも服を着せる意味

うちの犬は夏でも服着せたりすることもあります。でも着せる服は接触冷感の涼しいものです。夏は暑い昼間は外に出ることはないのですが、室内でも暑そうなので涼しい服を着せています。あとは水に濡らして涼しくなるやつとかもあるんですよね。少し暑い時間帯に外出しなきゃいけなくなった時とかにはそういう洋服を持っていて、後から濡らして着せたりします。

犬を飼う前は、他の飼い主や犬がしていることになんで?ってハテナなこともたくさんあったけど、自分が飼い始めるとわかることたくさんありました。犬に洋服を着せたり帽子を被せたり靴を履かせるのにも、ただのファッションだけじゃなくてちゃんといろんな理由があるんですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました